ガラス製作時に空気が混入し気泡(空気の粒)が多少発生することがあります
が、品質になんら問題はありません。
大きさや色合い、絵柄等細部が若干異なる場合があります。
耐熱ガラスと明記されたもの以外は、ガラスは温度変化に敏感ですので
急熱急冷はお避けください。
またガラスのふちが凸凹に仕上がっていたり、ガラスが固まる際に流れ出た
「ガラスだれ」が発生することもございますが、ガラス製品の特徴で修理や
傷ではありません。
ご使用後は、台所洗剤を柔らかなスポンジや布につけて洗ってください。
クレンザーやナイロンたわし(研磨剤付)金属たわしで強くこすったり、ガラス
同士をぶつけたり、あるいはガラス器の中にスプーンやフォークを入れたり
しますと、ガラスに傷がつき破損しやすくなります。
ガラス器の内側を洗う際に、内面から力を入れてひねり洗いをしますと、破損
し思わぬ怪我をすることがありますので、ご注意ください。
ガラス器を積み重ねますと、破損したり外れなくなったりしますのでご注意
下さい。
電子レンジ、オーブン使用可と明記されたもの以外は使用しないでください。
輸入商品の場合、最初に取り付けられている電球と全く同じ形が国内では
手に入らないことがあります。その際は電球の口径を計り、口径の合う電球
を電気屋にてお買い求めください。
口径は一般的にФ12(1.2cmのこと)・Ф14・Ф17・Ф24・Ф26と様々な種類が
販売されています。輸入品も一般的な口径に合わせて作成されております
のでお手持ちの電球の口径とワット数が合いさえすれば使用になんら問題
はありません。
※当店では電球の販売はしておりません。
陶器の土臭さが気になる場合は、あく抜きに米のとぎ汁、酢などを垂らした
水を沸騰させてつけこんだ後ご利用ください。
陶器は吸水性があるため使用後の器を水に漬けたままにしておきますと、
水分を吸収しカビやしみの原因となることがあります。水分のふき取りと乾燥
にご留意ください。
土物は器の底がザラついていることがあります。テーブルの上で引き寄せた
り、ずったりすると、テーブルが傷つく恐れがありますのでご注意ください。
素焼き仕上げの商品の場合、まれに水がにじみでることがあります。水漏れ
の際は、米のとぎ汁を充分に含ませてからとぎ汁を捨て乾燥させてください。
それでも防げない場合は米からふのりを作り上記と同様の手順で乾燥させ
てください。
金属たわし等、固い物で洗うと色が剥げることがあります。
金銀彩色の器は電子レンジでは使用出来ません。
麻は摩擦に強く、水分の吸収発散が早く、張りのある感触が特徴です。
塩素系洗剤やアルカリ性洗剤に弱いので洗濯には注意が必要です。
なるべくクリーニングにだされることをお勧めいたします。
洗浄後はすみやかに水分をふき取ってください。
長時間水またはお湯に漬けないでください。熱湯に浸さないでください。
プラチナ部分はスポンジでこすらないでください。
オーブンや電子レンジ、食器乾燥機・洗浄機は使用出来ません。
衝撃や急激な温度変化を与えると、ひび割れや破損の原因となります。
漂白剤は使用しないでください。
不燃性の容器をご使用ください。
水に浮くタイプのキャンドルは芯糸をぬらさないように静かに浮かべて
ください。
火をともしたらそばを離れないでください。
燃えやすい物が近くにない、水平で安全な場所でご使用ください。
就寝の際は必ず消火を確かめてください。
高温高湿な場所での保管、またはペットや小児のそばでの燃焼・保管は
しないでください。
アンティークにつき、多少の汚れ擦り傷がある場合がございます。
効果の強い漂白剤の使用はお避けください。アンティークの持ち味がなくなる
ことがあります。
時代記載等はあくまでも私見による物ですのでお客様ご本人の眼で判断を
お願いします。





Copyright(c) 2006-2016 潟Mャラリーのぐち All rights reserved.